シール印刷とは


ワンパスで印刷と抜き加工を終了する製造方法が基本です。凸版で印刷する方式が主で、オフセット、シルクスクリーンで行う機械もあります。材料はロール状に巻かれたものを解いていく形で原紙をフィードさせ、加工後に巻き取るか適宜の長さに断裁して仕上げます。この工程は何回も繰り返すことが可能で、それによって色刷りの追加や複雑な加工をおりまぜることができます。裏面印刷やラミネート加工、箔押し、エンボッシング、ナンバーリング、多重貼り合せ、などさまざまに対応できます。